プロFP(ファイナンシャルプランナー)による生命/医療保険無料相談で保険のムダをなくしましょう!! 現代は、生命保険会社が驚くほど沢山あります。生命保険の会社、そして種類があふれるほど多くなっている現在では、生命保険の選び方に誰もが頭を悩ませています。従来は生命保険レディーと呼ばれる訪問販売員の女性の人や保険外交員から話を聞いて契約ということもありましたが、現在ではネットで複数社の一括無料見積もり&FPによる無料相談が一般的になりつつあります。まずは中立的な対場の生命保険プロFP(ファイナンシャルプランナー)の保険見直し無料相談からどうぞ♪
New Entries

プルデンシャル生命保険株式会社の特徴

プルデンシャル生命保険株式会社は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の保険会社で、2004年にはあおば生命保険を吸収合併しました。プルデンシャルタワーは大火災を起こしたホテルニュージャパンの跡地にありますが、千代田生命保険が建設中だったものを、同社の経営破綻により買収して完成させたものです。

さて、この生命保険会社の特徴は、何といっても生命保険の専門家であるライフプランナーが、オーダーメイドの保障を提供することです。

プルデンシャル・ライフプランナーは、お客様に対して真摯な対応をするとのことで評価され、プルデンシャル 生命保険は、2006年週刊ダイヤモンド2/18号掲載の「生命保険会社信頼度ランキング」で、ソニー生保を抑えて1位になったことがあります。おすすめ商品には、ドル建て保険の「終身保険」と「リタイアメント・インカム」があります。円とドルの為替変動が影響しますので、ライフプランナーに為替リスクなど、しっかりと商品説明を聞いてみることが大切です。

最後にプルデンシャル生命保険へのクチコミからです。「一生の保険と向き合う重要性を解りやすく説明してくれた。あまり興味がなかった保険選びで感動を覚えたのはライフプランナーがしっかりしているからだと思う 。」保険と向き合ってみること、大切ですね。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された"保険マンモス"へ今スグ!ic_pikapika.gif

全労済のこくみん共済の特徴と保障タイプ

全労済は、消費生活協同組合法 (生協法)にもとづき、助け合いから生まれた、保障の生協で、民間と異なり営利を目的としない共済事業を行う協同組合です。全労済が行う共済事業の中に「こくみん共済」があり、保障分野として遺族保障と医療保障があります。こくみん共済は、あなたとご家族の暮らしの安心を支えるために、本当に必要な保障は何かを考え多彩な保障タイプを揃えています。年齢や性別、ライフステージに合わせて、一人ひとりにピッタリの保障を選べます。

"こくみん共済の最大の特徴は、月々の掛金は年齢による負担増がなく契約が満了するまで一定という、家計にやさしい掛け金です。また営利を目的としないので、毎年の決算で剰余が生じた場合、大きな「割り戻し金」があります。0歳から85歳までを対象に、暮らしのスタイル、年齢や性別、家族の成長などにより変化する必要な保障に対応して、多彩なタイプを揃えています。助け合いの共済だからこそ、支払い事由が生じたときには、迅速に対応します。"

保障の種類として、総合タイプ、総合2倍タイプ、大型タイプ、 医療タイプ、キッズタイプ、キッズワイドタイプ、シニア総合タイプ、シニア傷害タイプ、医療終身タイプを用意しています。あなたの生活スタイルに合わせて選んでください。独身の方には「のびのびシングル」、若い新婚のご夫婦には「ほやほやファミリー」、育ち盛りのお子様のいる家庭には「ぐんぐんファミリー」、子供が独立したご夫婦だけの家庭には「いきいきシニア」をお勧めします。

独身者には、けがや病気に備えた総合タイプ、医療タイプ、医療終身タイプの組み合わせを、若夫婦には、マイホーム購入などに考慮してバランスよく考えた総合2倍タイプ、医療タイプ、医療終身タイプを、育ち盛りの子供をかかえた家庭では、教育費や計画的な貯蓄も必要で、合理的な保障の大型タイプ、医療タイプ、医療終身タイプを、老後生活が目的で、入院や通院も視野にいれる夫婦には、シニア総合タイプ、シニア傷害タイプ、医療終身タイプがお勧めです。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された"保険マンモス"へ今スグ!ic_pikapika.gif

60歳で生命保険の払い込みを完了する方法

生命保険を比較すると、若いうちに加入し60歳で払い込みを完了する掛け金の支払い方があります。60歳からの生命保険として、年金生活を考えた理想的な支払い方だと言えます。しかし、若いうちには生活に追われて加入できなかったケースも多くあります。生命保険の中には、加入年齢で保険料が決まるものもあります。

日本の社会の高齢化が進むにつれて、保険の種類が増え生命保険を比較するのも複雑になっています。今までのように単純なものではなく、年齢の差による掛け金の差もどんどん大きくなってきました。第二の人生をスタートさせるために、60歳からの生命保険を考える人はますます多くなってきています。

60歳からの生命保険を比較すると、色々な特約を付ける場合があります。特約を付けることで、割安感がありますが、年齢と共に求める保障が変わってくる場合があります。こんな時にはすべてを解約しなければ保険の内容は変えられません。それで、出来るだけ特約で付加していくのではなく別々の保険にしたいものです。

最近では、あちこちに保険市場など60歳からの生命保険をすぐに比較できる店が出来ました。無料で色々な保険会社の生命保険について詳しく話を聞くことが出来ます。さらに、保険のプランナーに今一番人気のある60歳からの生命保険は何かと言ったことまで相談できます。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された"保険マンモス"へ今スグ!ic_pikapika.gif

cms agent template0039/0040 ver1.003